Supreme,Nike,adidasなどの最新アイテム・スニーカー・リーク情報を配信

Hype Crew

YEEZY(イージー)

adidas|Yeezy Boost 350 V2 Cinderは2020年の本命カラー!抽選まとめ

投稿日:

「もう終わったスニーカー」と揶揄する声があがりながらもカラーによっては即完売を記録し、未だスニーカー市場の中心に君臨する「adidas Yeezy(アディダス イージー)シリーズ」

前進を続けるKanye West(カニエ・ウェスト)adidas(アディダス)が手掛けるそんなスニーカーは今年も多くのカラーのリリースが予想されている。

そんな多くのカラーのうちイージーブースト350V2の2020年の本命カラーとなりそうな一足「adidas Yeezy Boost 350V2 ”Cinder” Cinder/Cinder/Cinder(アディダス イージーブースト350V2 ”シンダー” シンダー/シンダー/シンダー)」が早くも登場!

スポンサーリンク

2020年の本命カラーとなりそうな「アディダス イージーブースト350V2 シンダー」

最も多くのカラーラインナップと愛用者を誇り、イージーシリーズの存在を世に知らしめる大きなキッカケを作った一足「adidas Yeezy Boost 350 V2(アディダス イージーブースト350V2)」

そんなイージーブースト350V2の2020年の新色となるのが「adidas Yeezy Boost 350V2 Cinder(アディダス イージーブースト350V2 シンダー)」だ。

トランスルーセントのストライプが走るプライムニットアッパーにはブラックよりも少し薄い――チャコールグレーのようなブラックに近いグレーをメインカラーに配色。

最近のモデルでは排除されていたヒールタブが復活し、そのステッチにはブラックを配色。

また履きたい、また買いたいと思わせるような履き心地をもたらす“Boost Form(ブーストフォーム)”搭載のソールにはチャコールグレーとアウトソールにガムソールを採用。

Boostフォームとは?

衝撃吸収性と反発力という相反する性能を高い次元で両立したアディダスが誇る最新のクッショニング素材。環境による変化を受けにくく、長い期間その性能を体感することができる。

またboostのロゴが配されたポッドにはイエローが配されている。

アッパーとソールのカラーが調和したそんな今作は近年、最も人気を博す一足となった「Yeezy Boost 350V2 Black(イージーブースト350V2 ブラック)」を彷彿とさせる良カラーの一足となっている。

それだけに激しい争奪戦……となるかはわからないが、「イージーブースト350V2 イェチェイル」「イージーブースト350V2 イーズリール」よりは入手難易度は上だろう。

Yeezy(イージー)のリリース情報

イージーブースト350V2 シンダーの発売日・直リンク

商品名 adidas Yeezy Boost 350V2 Cinder
カラー Cinder/Cinder/Cinder
販売価格 28,000円(+税)
スタイルコード
発売日 2020年春

「adidas Yeezy Boost 350V2 Cinder(アディダス イージーブースト350V2 シンダー)」の発売日は2020年春を予定。

アディダスオンラインストアでの販売は現在未定。詳細が判明次第こちらのページで直リンクと抽選情報と合わせてお知らせ。

直リンク

  • 調査中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Copyright© Hype Crew , 2020 All Rights Reserved.