Supreme

【Supreme × Roy DeCarava】サイズ表・価格まとめ!マルコムX Tシャツ等

Supreme 2022SS Week13にリリースとなるアメリカ人アーティスト「Roy DeCarava(ロイ・デカラヴァ)」の作品をフィーチャーしたコラボコレクション。

2015年の春夏シーズンにコラボコレクションがリリースされて以来となる「Malcolm X(マルコムX)」が描かれたアイテムもラインナップとなっている。

そんな注目の「Supreme×Roy DeCarava(シュプリーム×ロイ・デカラヴァ)」の最新コラボコレクションをサイズ表、価格と合わせて紹介!

※サイズ表・価格は金曜日更新予定

スポンサーリンク

Roy DeCarava:ロイ・デカラヴァとは?

アメリカのアーティスト、ロイ・デカラヴァは1919年にハーレムで生まれた。第二次世界大戦後、芸術、音楽、ダンス、ファッション、演劇、文学、学問、文化が盛んな時代に、デカラヴァは芸術的に成熟した。60年以上にわたり、デカラバは生まれ育った街とその周辺の人々の生活を、色彩豊かで刺激的な写真で表現してきました。「ロバータ・スミスは、「デカラヴァの作品は、それ自体、両方の世界の最高のものであり、視覚的に厳格でありながら、人間の苦境や日常生活の心理、特にアフリカ系アメリカ人について、計り知れないほど敏感である」と書いています。

デカラヴァは写真を撮る前に、画家、版画家、製図家として訓練を受け、当初は絵画の参考道具としてカメラを使っていました。1940年代後半になると、デカラバは印象的で影のあるシルバーゼラチンプリントを印刷し、現代写真における新しい技術的可能性を切り開くことになりました。テジュ・コールは、デカラヴァの作品のユニークな特徴について、「キアロスクーロ効果は、露出不足、暗室の妙技、時には柔らかい紙へのプリントという技術的な選択から生まれた」と記しています。

デカラヴァの写真は1950年に初めてニューヨークで展示された。1952年には、アフリカ系アメリカ人写真家として初めてジョン・サイモン・グッゲンハイム・フェローシップを獲得しました。この助成金により、デカラヴァは、詩人ラングストン・ヒューズとの豊かで革新的なコラボレーションである「The Sweet Flypaper of Life」となるプロジェクトに着手することができました。ヒューズは、デカラヴァの写真を選び、ハーレムの祖母、シスター・メアリー・ブラッドレーの視点から、鮮やかなフィクションの物語を構成したのです。The Sweet Flypaper of Life』は、物語を共同制作した輝かしい作品であり、写真集の試金石とみなされている。1960年には、ニューヨークの熱気あふれるジャズ音楽シーンを撮影した手作りのアーティストブック「The sound i saw」を出版し、また画期的な作品となりました。

デカラバは生涯を通じてファインアート写真の発展を支持し、何世代にもわたって写真家を支援し、インスピレーションを与えてきました。1955年から1957年にかけては、アメリカのファインアート写真に特化した国内初のギャラリー「フォトグラファーズ・ギャラリー」を設立・運営しました。1975年、ハンター・カレッジの教授に就任し、数十年にわたり学士課程と修士課程の両方で教鞭を執った。1988年に芸術学の特別教授に任命された。

American artist Roy DeCarava was born in Harlem in 1919. DeCarava came to artistic maturity during the post WWII era – during a flourishing of art, music, dance, fashion, theater, literature, scholarship and culture. For over 60 years, DeCarava created tonal, evocative photographs of life in his native city and beyond. "DeCarava's work is itself the best of both worlds,” wrote Roberta Smith, “visually rigorous yet incalculably sensitive to the human predicament and the psychology of everyday life, especially concerning but not limited to African-Americans.”

Before making photographs, DeCarava trained as a painter, printmaker and draftsman – initially using a camera as a reference tool for painting. By the late 1940s, DeCarava was printing striking, shadowy silver gelatin prints that would open up new technical possibilities in contemporary photography. Teju Cole wrote about the unique signature of DeCarava’s work, noting “the chiaroscuro effects came from technical choices: a combination of underexposure, darkroom virtuosity and occasionally printing on soft paper.”

DeCarava’s photographs were first exhibited in New York in 1950. In 1952, he became the first African American photographer to win a John Simon Guggenheim Fellowship. The Fellowship’s grant enabled DeCarava to embark on a project that would eventually become The Sweet Flypaper of Life, a rich and innovative collaboration with poet Langston Hughes. Hughes chose a selection of DeCarava’s photographs and composed a vivid fictional narrative from the perspective of a Harlem grandmother, Sister Mary Bradley. The Sweet Flypaper of Life remains a luminous work of collaborative storytelling, and is considered a photo-book touchstone. DeCarava followed up with another ground-breaking publication in 1960, the sound i saw, a handmade artist book tracking his engagement of the fiery jazz music scene of New York City.

Throughout his life, DeCarava championed the advancement of fine art photography and supported and inspired generations of photographers. From 1955 to 1957, he established and ran The Photographer’s Gallery, the first gallery in the country to focus exclusively on American fine art photography. In 1975, DeCarava joined the faculty of Hunter College, where he taught both undergraduate and MFA courses for decades. He was named Distinguished Professor of Art in 1988.

via:supreme

 シュプリーム 2022SS Week13 ロイ・デカラヴァ コラボアイテム一覧

Supreme×Roy DeCarava

  • スウェットシャツ類
  • Roy DeCarava/Supreme Malcolm X Hooded Sweatshirt
  • Tシャツ類
  • Roy DeCarava/Supreme Malcolm X Tee
  • Roy DeCarava/Supreme Mississippi Tee

Supreme 2022SS Week13にリリースとなるRoy DeCarava(ロイ・デカラヴァ)の作品をフィーチャーしたコラボコレクションはスウェットシャツ1種類とTシャツ類2種類の3アイテム

スウェットシャツとTシャツには黒人に対する差別の撤廃、黒人の権利のために戦った「Malcolm X(マルコムX)」「Mississippi Freedom Marcher」がフィーチャーされている。

マルコムXとは?

同じアメリカ人として第二次世界大戦を戦った後もアフリカ系アメリカ人に対する根強い差別が残っていた時代――公民権の適用と人種差別の撤廃を求める公民権運動が盛んに行われていた1950年代~1960年代に、黒人解放運動の指導者として活動した「Malcolm X(マルコムX」。

誰もが1度は耳にしたことがあるであろう歴史の残る演説――「私には夢がある」――で知られる差別撤廃のための非暴力の公民権運動を展開し、白人との融和を説いたキング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)と同じようにアフリカ系アメリカ人のために立ち上がりながら、白人との融和ではなく、白人とは区別しながらアフリカ系アメリカ人のエンパワーメントを高めようとした人物。

そんなRoy DeCarava(ロイ・デカラヴァ)の作品をフィーチャーした3つのコラボアイテムの利益は全て寄付される予定となってる。

Roy DeCarava/Supreme Malcolm X Hooded Sweatshirt

スポンサーリンク

Roy DeCarava/Supreme Malcolm X Tee

Roy DeCarava/Supreme Mississippi Tee

シュプリーム 2022SS ロイ・デカラヴァコラボの着用画像(着画)まとめ

スポンサーリンク

シュプリーム×ロイ・デカラヴァ コラボのサイズ表と価格

スウェットシャツ類

Malcolm X Hooded Sweatshirt S M L XL
着丈 67 70 73 77
身幅 57 58 62 64
袖丈 64 66 68 70
肩幅 45 48 52 55
価格 31,900円

Tシャツ類

※TシャツカテゴリのアイテムはSupremeからサイズの公式発表なし

Roy DeCarava/Supreme Malcolm X Tee
価格 8,250円
Roy DeCarava/Supreme Mississippi Tee
価格 8,250円

発売日・公式オンラインストア販売開始時間

Supreme 22SS Week13 Roy DeCarava
公式オンラインストア 2022年5月21日11時00分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

© 2022 Hype Crew