Supreme,Nike,adidasなどの最新アイテム・スニーカー・リーク情報を配信

Hype Crew

AIR JORDAN(エアジョーダン)

エアジョーダン6 レトロ ティンカーはエアジョーダン3とは違う?評価が高くない理由【ナイキ 10/10発売】

更新日:

”バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダンの六足目のシグネチャーモデルとなる「Nike Air Jordan 6(ナイキ エアジョーダン6)」

1991年、マイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズに初めてのNBAチャンピオンの座をもたらし、最初のスリーピート(3年連続優勝)の始まりを告げる一足となった伝説のバッシュ(スニーカー)だ。

日本ではバスケ漫画の金字塔「SLAM DUNK(スラムダンク)」の主人公”桜木花道(さくらぎ はなみち)”が最初のバッシュとして愛用した一足としても知られている。

そんな日本でもよく知られるエアジョーダン6に、新色「Air Jordan 6 Retro Tinker White/Infrared 23-Neutral Grey-White(エアジョーダン6 レトロ ”ティンカー” ホワイト/インフラレッド-ニュートラルグレー-ホワイト) 384664-104」が登場だ!

スポンサーリンク

Nike Air Jordan 6 Retro Tinker  infrared 384664-104の評価

Nike(ナイキ)に数々のイノベーションをもたらした稀代のデザイナー”Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)”がマイケル・ジョーダンのために手掛けた「エアジョーダン6 」

エアジョーダン3から採用されるようになった外から中の構造が見える”Visible Air(ビジブルエア)”、ポルシェからインスピレーションを受けたという”ヒールタブ”、そしてエアジョーダンシリーズとして初めて”インナーブーティー”等を採用。

マイケル・ジョーダンの「素足のような感覚が欲しい」という願いを叶えた一足となる。

そんなエアジョーダン6にデザイナーの”ティンカー・ハットフィールド”の名前が付けられた一足が「エアジョーダン6 レトロ ”ティンカー”」だ。

「エアジョーダン3 “ティンカー”」と同じようにティンカー・ハットフィールドが残したオリジナルのスケッチからインスピレーションを受けてデザインされた一足となる。

カラーリングはレザー素材のオーバーレイに採用されたホワイトとアンダーレイ、トゥボックスに採用されたニュートラルグレーをベースに、シュータン、ミッドソール、プルタブ、ジャンプマンに採用されたネイビー、インフラレッドの差し色が目を引く配色となっている。

ただ実際にマイケル・ジョーダンが着用し、1988年にリリースされたオリジナルモデルのエアジョーダン3には無いナイキを象徴するスウッシュが入っていた「エアジョーダン3 ”ティンカー”」のようなはっきりと目に見える特別な要素はない。

「エアジョーダン6 レトロ ”ティンカー”」は1991年にリリースされたオリジナルモデルに近いデザインの一足となるようだ。

エアジョーダン3のスウッシュ

ティンカー・ハットフィールドのオリジナルスケッチに残るエアジョーダン3にはスウッシュが入っていたが、実際にリリースされたモデル、マイケル・ジョーダンが着用したモデルには入っていない。

なぜなら”マイケル・ジョーダンという存在だけでジョーダンブランドは成立するから”と取り除いたからだ。

そのためなのか、単純にエアジョーダン6とカラーの問題なのか「エアジョーダン6 レトロ ”ティンカー”」の海外での評価は高いとは言えず、日本でも事前評価は高くない。

発売日・直リンク

「Nike Air Jordan 6 Retro Tinker(ナイキ エアジョーダン6 レトロ ”ティンカー”)」の発売日は2018年10月6日(土)。

商品名 Nike Air Jordan 6 Retro Tinker
カラー White/Infrared 23-Neutral Grey-White
販売価格 $190
スタイルコード 384664-104
発売日 2018年10月6日(土)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
評価
日付:
アイテム名:
Nike Air Jordan 6 Retro Tinker
みんなの評価:
31star1star1stargraygray

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Copyright© Hype Crew , 2019 All Rights Reserved.